転職するなら会計事務所の求人を確認しよう|企業側の利用求人像とは

男性と女性
  1. ホーム
  2. 社員登用の途がある派遣

社員登用の途がある派遣

履歴書

事前に職場環境に慣れる

派遣労働といえば、期間を定めて特定の職場に派遣され、契約期間が満了すれば自動的にその仕事も終わるという就労スタイルが一般的です。しかし中には期間満了後、今度は直接雇用によって同じ職場に働き続けるチャンスがあるという派遣形態も存在します。それが紹介予定派遣です。紹介予定派遣とは、企業等に派遣され通常の派遣労働者と同様に仕事に従事しますが、契約期間満了時に派遣先と労働者本人の合意が成立すれば、その派遣先企業の社員等に登用されるという派遣労働のスタイルです。派遣期間は最長で6か月となっていますが、平均すると3か月程度に設定されているケースが多くなっています。紹介予定派遣の仕事内容は一般事務から経理、専門技術職まで多種多様です。要するに正社員や契約社員として採用されるチャンスのある、あらゆる職種が対象となります。紹介予定派遣のメリットは、いわゆる「雇用のミスマッチ」が起きるリスクを減らせることです。企業側としてはいきなり社員として採用するよりも、まずは派遣労働者として迎え入れ、仕事ぶりや人柄を見ることで、適性を判断することができます。一方、働く側においても、正式入社前に仕事の内容や職場環境などに実際に触れることで、自分との相性を推し量ることができます。つまり紹介予定派遣は、働きながら求職活動ができる労働形態であると言えます。人材派遣会社の方も、直接雇用を促すようなさまざまなサポートを提供しています。